始めたばかりのブログなのですが、さっそく三日坊主になってしまいました。

季節の変わり目、子供が長~い風邪をひき、次は自分が風邪をもらい、寝込んでピアノの練習もご無沙汰していました。
もうすぐレッスンなので、今日からしっかり練習しないと。

寝ている間に、これまでの自分の記事を読み返してみたら、何だか私、今の先生のことあまり好きじゃないみたいな雰囲気の文章になっちゃってますね。そうではないです。

確かに、始めのうちは明らかに波長が合いませんでした。

まず、私がレッスンでみてもらっている曲はほとんど今までに弾いたことのある曲ばかりなのですが、ダメ出しがほんとに多かったです。
要するに基礎がなっていなかったということなのでしょうけど、一番長く続いた習い事を頭から否定されるようなレッスンに、私の方が素直な気持ちになれなかったというのもあると思います。
指導のひとつひとつに、言葉にとげがあるように感じて、「嫌われているのかも」と思ってしまったり、大人のレッスンなんだから楽しければいいのに、こんなに厳しいなら他の教室にしておけば良かった、とも思いました。

「ここができていないけれど、そのうちできるようになりますよ~。とりあえず次の曲に行きましょうね。」的な雰囲気を想像していたのに、「姿勢が悪いです。」から始まって、「たいへんショッキングな音がします。」「音楽が流れていない」と言われ続けるレッスンになりました。

子供時代と違って、「この曲をやりなさい。これだけ練習しなさい」ということは一切言われませんが、私が思っていたよりもずっと合格のハードルは高く、1曲に半年かかったこともあります。(短い練習曲ですよ)

でも、レッスンで言われることは納得がいくことばかりでした。
先生は、私の弾き方のどこが良くないのか、演奏がどう聞こえるから良くないのかを理論的に説明してくれます。

家に帰ってから録音して聞いてみて、「あ、ほんと、ここひどいなー」と思ったり、「ここのテンポが遅いからもったりするのね」などと自分の弾いたものを客観的に聴いたりできるようになりました。

通い始めて1年くらいたってからでしょうか、ようやく「以前と比べてここが出来るようになった」「弾き方や音が変化してきた」と言われることもでてきました。
そうなると、あまり何を言われても落ち込むこともなくなり、教室を変わりたいどころか、先生が廃業するまで習いたいと思えるほどに気持ちが変化してしまいました。

子供にピアノの先生を探しているお母さんたちが、「体験レッスンで子供との相性がいい先生にしたい」というのをよく聞きます。
ピアノの先生との相性って、1回の体験レッスンでわかるものなのかなと、いつも疑問に思います。

先生のタイプはある程度わかると思います。ガンガンなのか、ゆるい教室なのかも。
でも、子供によって進度を変える先生もたくさんいるでしょうし、子供の扱いが上手いことと相性もまた別のことだと思います。

うちの教室は、体験レッスンがありません。
私も受けずに決めています。
体験レッスンがなくて良かった。あったら、習う前の私の期待とは違ったから、通っていないかもしれません。

でも、先生との相性は、というと、私にすごく合っている先生、と思います。
甘やかされないし、褒められないけど、ちょっとずつでも確実にどこかが成長しているのを感じます。

ずっと先生のところに通いたいから、旦那の仕事が転勤にならないよう願う今日この頃。



にほんブログ村


FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2016/10/24 08:16】 | 私の先生
|

BostonPさま
こと
初コメントです。ありがとうございます。
そして、コメントなどきたことのなかったブログなので、気付かずにいてすみませんでした。

お知り合いの方はレッスンの雰囲気が変わって戸惑っていらっしゃるのでしょうか。
せっかく転勤先でも続けていらっしゃるピアノ、解決して長続きして欲しいです。
私のように時間がたってしっくりくる場合もありますし、大人でも子供でもピアノは継続が何よりですよね。

ほんのちょっとYoutubeを覗かせていただきました。すごい数の録音をアップしてらっしゃいますね!
そして、とても素敵な音で演奏されるのですね。私は性格がコワイからピアノの音もコワイと子供がいいます。。。

ブログ初心者ですが、どうぞよろしくお願いします。

タイトルに引かれて・・・
BostonP
 はじめまして、大人のピアノ組のおじさんです(4年余り、60歳)。
 私の先生は、数年の年下。なのでレッスンは井戸端会議風。
 最近、先生の生徒(大人のピアノ組、30代)の人が転勤、このため先生が知人を紹介したのですが、どうも相性が悪いので・・・、どうしたものかと。私の先生は「ここができていないけれど・・・」的、紹介した先生は、ことさんの先生風らしいです。私は異なるタイプの先生に習うのもいい経験になるかとも考えますが・・・。
 ことさんは、結局、良い先生に出会われて良かったですね。大人のピアノは自分の意志で選択肢を選ぶことが出来、いろいろ対応できますね。  お互いに自分の置かれた環境変化に、自分の考え方ややり方を変化させて、ピアノを継続しましょう!
<追伸>ブログは開設してませんが、「おじさんのピアノ練習記」でYoutube投稿中。下手なので、暇で死にそうな時のみ、ご訪問ください。

コメントを閉じる▲