上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は自分一人で楽しく弾いていこうと思っていたピアノ。
それをわざわざ教室に通うことになったのは、腕に痛みがあったからです。

その頃の練習時間は、一日30分から1時間くらい。
ゆっくり弾いていると何でもなくても、30分を超えたあたりで何か曲でもと弾き始めると、腕の外側、手首から肘にかけてが痛くなってきます。
痛くなった時点でその日の練習は終わり。
次の日弾き始めるときは何でもないけれど、また30分くらいで腕が重く鈍くなってきます。

ピアノでも何かのスポーツでも腱鞘炎にはなったことがありませんが、イメージとしては鋭い痛み。
そうではなくて、私のはちょっと鈍い痛みでした。

さて、レッスンに行くことになりましたが、先生に腕に痛みがあることは伝えずみてもらいました。

だってせっかく教室を探してこれから通うのに、「腕が痛い」と言って「ではしばらく練習は休んで」となるのが残念な気がして。

この年齢から習い事を始めるのって、かなりハードルが高い気がします。
ましてや、個人のピアノ教室はほとんどの生徒が子供。
今回調べた中でも、大人の枠を設けている先生は少なかったです。
連絡をするのに、けっこう勇気がいりました。
通うことが決まると、緊張もするけど楽しみにもなってきました。
このタイミングを逃すと、きっともうレッスンには通わないと思います。

始めにハノンを1回弾いたところで、無駄な力がたくさん入っていると指摘を受けました。
その日は、姿勢全体とタッチポイントの指導がほとんどでした。
ツェルニー数曲と、易しいソナチネをみてもらいましたが、常に「キンキンと嫌な音がしています」とはっきりと言われ、
ものすごく落ち込みました。

私自身は、自分の音を特に嫌な音には感じなかったのです。
うちでの練習はデジタルですが、時々スタジオに行ってアップライトも弾いていました。
特に音がだめだとはわかりませんでした。

教本ばかりやっていた子供の頃と違って、大人は基礎はそこそこで弾きたい曲を適当に齧ってよいのだと思っていた私は、今後のレッスンが不安になり、恐らく顔はこわばっていたと思います。

最後に、先生から「久しぶりに再開して、どこか痛みはありますか?」と聞かれたので正直に現状をお話しすると、もう一度体の使いかたを説明して下さり、「しばらくはこれでゆっくりハノンをやってみてください」とのこと。

教本は特に指示が無く、何でもいいから手元にあるものを練習したらみせて下さい、と。
きっと最初のレッスンで先生が私に合う教本を選んで下さるものと思っていた私は、かなり拍子抜けして、「基礎練習だけじゃなくて何か曲やりたかったな~」と不満に思いながらハノンやツェルニーをとぼとぼと練習することになりました。

ところが、1週間ほどで腕の痛みはかなり少なくなって、次のレッスンの頃にはほとんどなくなっていました。
やっぱり弾き方だったのでしょうか。
昔8年間も弾いてきて、何事も無かった弾き方だったのですが。。。

音が「キンキンする」というのはそれから半年ぐらいは言われ続けましたが、1年半たった最近ではようやく言われなくなりました
昔の自分の音源って、発表会のカセットテープ(!)がありましたがもう処分して残っていません。
どんな演奏だったのか、音だったのか、興味あります。とっておけばよかった。


にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2016/09/29 16:13】 | ピアノ
|
小学校から中学の高校受験前までピアノを習っていました。

教本はもう処分してしまいましたが、一般的な

バイエル→ブルグミュラー25→ソナチネアルバム1,2

をやったのは覚えていました。

ピアノの教本は装丁が長いこと変わっていない本も多いですね。
バイエルは黄バイエル、ブルグミュラーは全音の赤帯でやりました。
ソナチネアルバム1,2は音楽乃友社でしょうか。白い表紙の本です。

バイエルは黄からで、その前の導入として「みんなのオルガンピアノの本」をやっていたようです。
1~3は表紙も曲名も挿絵にも記憶があるので多分。
オルガンピアノの本は、昨年くらいに挿絵などが変わって新装丁になりましたが、当時の昭和50年代の本としてもレトロ感たっぷりだった挿絵が、平成の今まで使われていたことに衝撃を覚えました。
当時、母と挿絵を見ながら交わした会話まで思い出しました。
人の記憶は、普段使わないものはどこか脳内の引き出しにしまわれているだけ、というのは本当なんですね。

テクニック本として、「ピアノの練習ABC」音友社の黄色い表紙。これもまだ装丁そのままですね。
ツェルニー100番、30番。バーナムピアノテクニックからも1冊くらいやりました。

近現代からは、「カバレフスキー こどものためのピアノ小曲集Op.27」
湯山昭さんの「お菓子の世界」「日曜日のソナチネ」なども少しやりました。

バロックは、「ピアノのためのバロック名曲集 上」やバッハの「インヴェンション」。
ピアノのためのバロック名曲集はあまりやったという人を知りませんが、いい曲ばかりで好きでした。
上巻を終わってインヴェンションに入りましたが、抵抗なく入れたように記憶しています。

副教材やテクニックの本が色々なのですが、先生が何度か変わったのに伴い本が変更になったためで、数曲しかやらずにあと手をつけていないものも数多くありそうです。
定番のバイエルやブルグミュラーですら、私は全曲は終えていません。

その、とびとびに数曲やってきたところに自分のピアノの技術のなさがあるのではと思いました。
手が小さいから出来なかったとか、私がやりたがらなかったとか、色々理由はあったのかもしれませんが、
アルペジオや重音が特に弱いように思います。

最近のいわゆるピアノのお教室ブログを拝見すると、導入教材はバスティン・バーナム・ギロック・プレインヴェンションあたりをよく見かけます。
日本の先生の導入教材も充実していますね。

バイエルは今の教室ではあまりやらないそうですが、私は当時から好きで、喜んで練習していました。
今も覚えている曲がいくつもあります。
60番、62番、66番、74番、76番、78番、79番、81番、90番などなど、あげたらキリがないです。

先生と連弾があるのも良かったです。
懐かしい、バイエル。


にほんブログ村


FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2016/09/27 15:25】 | 再開前のピアノ
|
本当なら、体験レッスンの後先生に教本を選んでもらうのでしょうけど、私の場合先に買ってしまった楽譜があったのでそれを見てもらうことになりました。
スタートの教本は、ハノン、ツェルニー、あとは手持ちの適当な曲があればということで、1回目のレッスンにはベートーベンの易しいソナチネを1曲持っていきました。

ツェルニーを選んだのは、練習曲と云えばツェルニーくらいしか思いつかなかったからです。
いくら何でもピアノを弾いていた期間より、弾いていなかった期間の方が長いわけですから、初めからやり直しくらいのトレーニングが必要ですよね。
100番にしたのは、昔やっていたけど途中で挫折したので今度こそ100曲コンプリートしたい、という適当な理由で特に目的があったわけではありませんでした。

けれどこれがドはまりで、まだ中盤くらいまでした終わっていませんが、自分の中のツェルニーの位置づけが全く変わってしまいました。
子供の頃は、譜読みが面倒で、指遣いの不自然さが嫌いで練習しなかったツェルニーですが、今弾くと全く違う感触です。

再開にあたって、楽譜って今も読めるのかなと思いましたが、譜読みにはまったくブランクを感じなかったです。
むしろ、頭の使い方は小学生の頃と比べたら成長しているのか、当時片手読みしていたものも両手読みができました。
指遣いは、守ろうという意識があると守れるものです。

今頃になって気づいたのは、わざと弾きにくい指遣いもあちこちにあるということ。
ここが練習になるのでしょう。
守って弾いてみると、4、5の指が特に鍛えられていくのがわかります。

そして何よりも、曲が美しい!
レッスンで合格しても、また弾きたいような曲がたくさんあります。
同じ曲を子供の時にも弾いているはずなのですが、何も印象に残っていないのは、好きな音ではなかったからでしょう。
年齢や経験で感性も変化していくのがわかって、面白いです。

100番は、始めはバイエルくらいでも弾けますけど、後半はかなり難しそうです。
先生も、難易度に差がありすぎてレッスンでは使わないと仰っていました。

中盤に差し掛かり、1回2回で合格しない曲が増えてきましたけど、もうちょっと粘って続けてみようと思っています。


にほんブログ村


FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2016/09/25 15:02】 | ピアノ
|
さて、毎日のようにツェルニーやハノンを弾くようになってから、腕にちょっとした痛みがでるようになりました。

筋肉が全部落ちてしまっているでしょうから、ある程度筋肉痛にはなるかもとは思っていたけれど、
筋肉痛と腱鞘炎の区別がそもそも自分ではできません。

すじを傷める様な弾き方をしていてはいけないと思ってネットで色々見てみたら、
「再開した人ほど痛めやすいので、必ず先生につかなければならない」
というような事が書いてあるウェブサイトがありました。
ピアノを弾いていたのは、それほど筋肉痛とも縁がなかった小中学生の頃。
確かに、今この年齢でその時の感覚で弾いてはいけないのかも(いや、そもそも昔も今もそんなに指はまわらないのですが)

そこですぐに教室を探し、この先生にと思う所はいくつか見つかりましたが、連絡をするにはちょっと時間をとって悩みました。
というのも、子供の頃は、練習が嫌でいつも「ピアノをやめたい」とばかり思っていました。
今、せっかく一人でゆるゆると弾いていて楽しいのに、先生についたらまたピアノが嫌になってしまうのでは?と。

あと、比較的習い事が好きな性格の私は、大人になってからもいくつかお稽古事に通いましたが、大体3ヶ月~半年で行かなくなってやめてしまっています。
仕事が忙しかったりして時間が取れない時もありましたが、大体の習い事は導入の楽しい部分が終わると伸び悩みの時期が待っているから、そこを辛抱できなくてやめてしまうのです。
ピアノはもう伸びることは期待できない習い事。3ヶ月くらいでやめてしまうのはいくら何でも社会人として恥ずかしい。

とは言え、このまま一人で弾き続けてどこか傷めてしまっても、何にもなりません。
そこで、候補に絞った中から一番遠い先生を選んで連絡してみました。

学区が違うので子供の同級生もいなさそうだし、大人の生徒さんも数名いるとのことです。
何だかやめることが前提のような始め方ですが、とりあえず誰かに見てもらわないと腕の痛みの原因もわからないし。

連絡してお会いした先生は、私より少し年上の女性で、穏やかだけどちょっと厳しそうな先生でした。
正直なところ、体験レッスンもなく、果たしてこの先生でいいのか悪いのか(相性やら教え方やら)さっぱりわからなかったのですが、
性格上いくつも体験してお断りするのがおっくうという理由で、月2回のレッスンをお願いすることにしました。



にほんブログ村


FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2016/09/24 22:10】 | ピアノ
|
子供の頃ピアノを習っていましたが、小学校・中学校でやめてしまい、それ以来全くピアノは弾いていませんでした。
ピアノも結婚した時処分してしまいましたし、もう一生ピアノを弾くことは無いと思っていました。

それが、数年前子供が大手音楽教室に通うことになり、最初はおもちゃのピアノで練習していましたけど、半年もたって両手を使うようになり、さすがに楽器がなければとデジタルピアノを購入。
子供の練習を見てあげたりしながら懐かしく弾いたりしているうちに、毎日ちょっとずつでも練習しようかという気になってきました。

昔習っていた頃は練習がいやでいやでたまらなかったのに、不思議と毎日ピアノに向かう自分。
強制されないと、練習ってやるものなのでしょうか?

ブランクが何十年とあって指も全く回らないから、ハノンやツェルニーも買ってきてけっこうまじめに指慣らしから始めました。
教本もピアノピースも全てピアノと一緒に処分してしまっていたので、曲が弾きたいときはデジタルピアノについていた付属の名曲集みたいなのから適当にひろってきて弾いたり。

でもそのうち腕に痛みを感じて、独学では無理があるかもと先生を探してレッスンにも通うようになって今に至ります。

私が腰を落ち着けて練習するようになった頃、子供の方は習うのをやめてしまいました。やっぱり練習がイヤみたいですね。
でも、子供が習いにに行かなかったらきっと私も弾かないままだったのかな。

ピアノは家で練習できるから、外へ出てテニスやスイミングをやるよりは毎日の時間は確保しやすいように思います。
教本を進めなければ、とか、発表会の曲を仕上げなければ、とかの縛りがないと、純粋に練習が息抜きタイムにもなっていて、もっと早く再開してれば、と思うこともしばしば。

再開したからには、ちょっとでも上達したいものですが、とりあえず今は子供の頃の自分に追いつくことを目標にリハビリ中です。
焦らず、ちょっとずつでも前に進んで行きたいですね。

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2016/09/18 23:48】 | ピアノ
|
昨年、ちょっとしたきっかけからピアノを弾き始めました。

すぐにやめてしまうかと思ったけれど、意外と続くものです。
練習しながら一人思ったことをぽつぽつ記録していこうと思います。

どうぞよろしく。

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2016/09/16 23:08】 | あいさつ
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。