進まないソナチネの壁にぶちあたり、レッスンで後ろ向きなことばかり言ってしまいそうと思っていたら、今週のレッスンは先生の都合で延期になりました。
ふう。ちょっと一息つく時間ができました。

と言っても、弾けない曲を練習してもさらに落ち込むばかり。
新しい曲を適当に譜読みする気にもならず、気持ちはツェルニーへと向かいました。

ツェルニー100番練習曲は中盤過ぎまで進んでいるので、これまでの曲をおさらい。
日付の下ヒト桁の番号がツェルニーの1の位につく曲を弾いていきます。

今日だったら、(さすがに7とか17は飛ばして)27番、37番、47番、57番、67番というように。
ついでにまだやっていない77番や87番をちらちらと予習。

1年以内に弾いてるはずの曲ですが、音は覚えていてもけっこう弾けなくなっているのもです。
1回ではうまく流れず、1曲を4、5回弾いて次の番号へ。
私はテンポも遅いので、けっこう時間がかかります。

こうして30分以上もツェルニーに費やしてからソナチネにいってみると、指の回りがいつもより滑らかなことに気付きました。
弾けないモーツァルトやベートーヴェンが弾けるほどの効果はないけれど、でも昨日よりは良いかも、くらいの感触はあります。

やっぱり準備運動が大事ということでしょうか。
何でもスロースターターな私ですが、年齢のせいでさらに輪をかけて立ち上がりが遅い。
性格はせっかちだから、ハノンやツェルニーはちょっとしか弾かないで曲にいっちゃうことが多かったけど、初心に却って抜けている基礎はやった方がいいのでしょうね。

100番はいろいろな曲調が出てくるので飽きが来ないので、しばらくこれで遊んでいようと思います。



にほんブログ村


FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2016/11/17 17:55】 | ピアノ
|

Re: タイトルなし
こと
マミさん

初めまして。
そしてコメントありがとうございます。

そう、そうなんです。
まさに修行という感じで!
モーツァルトの場合、自分の好みでないからか修行を通り越して作業になっていて、これが辛いんです。

他にもきらきら星とか、K331とかK475とか、弾いてみたい曲があったのでチャレンジしてみたんですけど、
その気持ちも消えてしまうほどの弾けなさ具合でした。

ショパンは弾いたことがないんです。
なのでレッスンでやりたいというには勇気がいりますが、楽譜をいろいろ下見してみようかなと思いました。

前からブログ拝見してました。またお邪魔させてください。



マミ
初めまして、マミと申します。

お気持ちわかります
なかなか弾けないと、やる気もダウンしますよね~

私もついこないだまで、モーツァルトのソナタを初めてやりました。
なかなか弾けなくて、リズム練習など地味練の日々・・・
一日何回、みたいな感じで、淡々と練習
それでも弾けないところはなかなか弾けなくて苦労しました。
古典ってそういう修行みたいな難しさがありますよね
でも、きっと力がつくんでしょうね~

それに比べるとショパンは弾いていても弾けなくても楽しいですね
先生にご相談されてもいいかもしれませんね

頑張ってくださいね(*^^*)

Re: 分かります。
こと
古都子さん

コメントありがとうございます。
ブログも拝見しました。

ショパンのエチュードなんて弾いてらっしゃるのですね。憧れます!

そういえば、「この曲これ以上は無理かも」と思ったこと、何度もありました。
最近、ちょっと順調に進んでいたので忘れていました。

私は子供の頃、ちょうど今のソナチネアルバムの後半で受験期に入りピアノをやめたのですが、もしかして続けていてもここまでだったんじゃないかなと気付いてしまったのです。
毎日それなりに練習しているのに、前に進めない感じですね。
ここが私の壁かなあって。

でも、もうちょっと粘ってみようと思います。
いつまでに仕上げないとって決まってるわけでもないですしね。

あたたかいコメント、嬉しかったです!

分かります。
古都子
はじめまして、古都子と申します。
私もピアノ習っています。再開組です。
私もいつも新しい曲を始めると3ヶ月くらいで「もうこの曲は仕上がらないかも」って思います。なんだか進歩できない気がしてしまいますよね。でも先生に「この曲やめます」って言う勇気がないので仕方なく続けているうちに、いつの間にか弾けるようになってます。でもどうしても嫌になってしまったら別の曲に変えても全然構わないと思いますよ。弾きたい曲を弾くのが一番ですから。私もいつも自分が弾きたい曲をレッスンしてもらっています。

コメントを閉じる▲
ちょっと前まで発表会どうしようかなんて思っていたんですけど、突然やってきた低迷期に落ち込む毎日です。

理由は単純に練習が楽しくなくなっちゃったからですね。

今やっているレッスンの曲が全然上がらなくなってしまいまいした。
ベートーヴェンのソナタ、もう3ヶ月程やっている気がしますがあまり良くなりません。
合格ではなく、ちょっと間を空けたほうがいいかも、ということになりました。

が、実は前の曲のモーツァルトのソナタも、上がらなくて据え置きになっているのです。
これは指がきれいに回らず、それが一箇所ではなくて曲全体のスケールとか装飾音全てなので、ほぼ全体がきれいに流れず「もっと後でやった方がいいかもしれません」ということで一度終えているのです。

「何か他の曲やりますか?」とまたソナチネアルバム1をパラパラとめくる先生。
うーん、ソナチネもう飽きちゃったんですよね。
アルバム2も勧められたので楽譜屋さんでパラパラと見てはみたのですが、やっぱりピンと来るものがありませんでした。

古典以外を弾いてみたいのですが、いったい何を弾いたらいいのかもわからず。
そもそも先生から勧められていない曲を持って行くというのは、昔若い時にやってひどい失敗をしてからもうやる気がおきません。

レッスンに通ってしたかったことが何なのかよくわからなくなってしまい、発表会どころではなくてレッスンをお休みしたくなってきました。
でも、一度休んでしまうと敷居が高くなってしまうこともわかっているし(これも昔何度もやってしまった)、簡単には言えないですね。
仕事が忙しいから、とかの理由もないし。

他の習い事でもこういう時期ってありましたが、ピアノは個人で練習、個人でレッスンなだけにこういう時は一人で悶々とします。
団体のスポーツとかだったら、低迷期もとりあえず練習行って、その後ご飯でも食べに行けば適当にやり過ごせちゃうのに。
むつかしいものに手を出してしまったものです。



にほんブログ村




FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2016/11/14 23:48】 | ピアノ
|
寒くなってきました。

先日のレッスンでは、先生にスリッパを勧められましたが、いつもスリッパは勧められても履きません。
ペダルを踏むときに、どうしたらよいかわからないからです。

たまに、室内ではスリッパを履いたままペダルを踏んでいる方を見かけます。
私はこれは苦手です。なんだかずれたりしそう。

では、もしスリッパを勧められるまま履いてしまったら、曲を弾くときには右足だけ脱いで置いておくのでしょうか?
どこに? 足でぽいっと横っちょに押しやるのもお行儀が悪そうだし、だいぶ手前で脱ぐのもなにかヘンですよね。

先生はというと、スリッパは履いていらっしゃいます。
冬はもこもこのスリッパを履いてらして、それは暖かそう。

で、ペダルの見本なんかを見せて下さるときには、ちょっとその辺に脱いでおき、すぐまた履いています。

先生はちょこっとしかピアノに触らないけど、私はレッスンだからそういうわけには・・・。

スリッパを履いていないとやっぱり冬は足元が寒くて、いつもレッスンには靴下履きで行っています。
そうすると、スカートが合わせにくくて、いつもジーパンになってしまいます。

他にも、インターホンを押した後はどこに視線をやればいいのか、レッスンのバッグはソファーの上に置くのか下に置くのか、お月謝は手で渡すのかテーブルに置くのか、いろいろなことで悩みます。

レッスンの方は、発表会の話が今週は出ませんでした。
悩み中ですが、「出ない」という結論にたどり着かないのは、きっと出たい気持ちがあるからなので、どんな曲にしたらいいかだけ聞いてみようかと思っています。

手持ちの曲がないので、新しく譜読みから始めるには、もうタイムリミットですし。



にほんブログ村


FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2016/11/02 20:46】 | レッスン
|