上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと夏休みが終わりました。

今年も大変でした。子どもの宿題のお手伝いが!

普段の宿題はドリルや漢字練習なので特にみてあげなくとも良いのですが、夏休みの宿題といえば、自由研究・工作・読書感想文。
うちの子はそういった「自分でやり方を決めて取りかかる勉強」は超苦手~。
とても一人ではできません。

学校の方からも事前に「手伝ってあげて下さい」というお達しがあるので(なにそれ?)、手伝わないのもかわいそうだけど、うちの場合はほとんど丸なげ。
特に作文が苦手で、読書感想文は口述筆記してるんじゃないか、という感じです。
調べ学習も、図書館よりインターネットが中心になるので、全部つきっきり。
検索してあげて、ピックアップしてプリントして。

これじゃ本人のためにならないと思って、来年こそ自分でやらせようと思うのですが、あまりにできないので見かねて手伝ってしまい、あまり成長していません。
小学校のうちはこれでいいとしても、中学校に行ってから大丈夫かな。
とても不安です。

よそのお宅ではどうしてるのかと思って聞いてみたところ、なんと、外注に出しているおうちが多かったです。
夏休みの宿題ビジネスというのがあるんですね。

読書感想文なら、事前に本を読んでおき、半日だけの講習会に行って下書きを書き上げる→家で清書。
ポスターなどの絵画も、テーマを決めておき絵の具を持っていくと半日の講習会で書き上げるところまでやってくれる。紙も用意してもらえる。
工作は、材料をその場で選んで組み立てのアドバイスをもらう簡単なものから、材料を持ち込みで2日かけて完成させてくれ、製作途中の写真も撮ってくれるものなど本当にいろいろ。
お値段もワンコインの自治体主催のものから、万を超える本格的なものまで様々。

こういう外の講座の方が早く終わりそうでいいですね。
今年の宿題は8月31日の午後3時までかかりました。
来年こそは、最後の1週間は宿題なしの日々を過ごしたいです。私が。



【2017/09/01 18:50】 | その他
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。