レッスンに行って来ました。

現在進行形のベートーヴェンのソナタOp.49,No2はもう少し続きそうです。
大体どの曲も、強弱と拍感を指摘されるのですが、わかっていてもこなれてくるまでに時間がかかってしまいます。

合格もらってから次の曲をイチからみていくと、次のレッスンの時にあまり弾けていない状態になってしまうので、流れはつかめているけど、もう少し弾き込んでくるように、というあたりで次の曲を決めています。

今回も「そろそろ次の曲を…」、という話の流れで「ソナチネアルバム1にはあまり興味のある曲が残ってなくて」と言う私に先生が仰ったのは、「では、ソナチネアルバム2から見てみたら~」というお言葉でした。

一瞬何を言われたのかわからず頭が真っ白になりながらも、「えーとソナチネ以外の曲もちょっとやってみたいんですけど…」と恐る恐る申し出てみると、「ソナチネの本の後ろにいろいろな小品ものってますよ♪」とのことでした。

うっ。。。
どう言えば良かったのだろう。
「他の本がやりたい」と率直に言えば良かったんでしょうか。
でももう遅いですよね。

ソナチネアルバム2。

全くやる気ありませんでした。

何かベートーヴェンあたりを1曲か2曲やった気はするのですが、あまり印象に残っていません。
私の周りに2をやってる人いなかったし、このペースで1と2をやっていたら、10年後もソナチネをやっていることになりそう。

今やっているベートーヴェンとかモーツァルトは、ソナチネの中に入っているけれど、「ソナタ」ってついてるので、ちょっとソナタにも手が出せるのかもと淡い期待もあったのですが、やっぱりまだ壁を越えられないようです。
難易度の揃っている教本だから、ソナチネレベルで弾けるソナタってことなのでしょうか。

ま、でも先生のお奨めなので、とりあえず、楽譜屋さんに行って見るだけは見てみようかな。
ソナチネアルバム2。



にほんブログ村


FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2016/10/12 20:38】 | ピアノ
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可