ずっとピアノの記事を書いていませんでした。

理由のひとつには、記事に書くことがありませんでした。

レッスンには復帰したものの、手の調子はいまひとつでまともに練習していける曲がなく、結局ル・クーペを数曲やったのみでまたお休みに入ってしまいました。

そしてもうひとつの理由は、やはり手が完治しないことです。
良くなったり悪くなったりをくり返し、きちんとした治療法も見つからないことでこの先の見通しが立たず、一時は他の方のピアノブログも見ないようにしていました。
弾きたくなっちゃうといけないなと思って。

手の方は、現在接骨院→整形→整体と通院先を変え、体の歪みから治すという方針がきまり、時間をかければ何とかなりそうな雰囲気になってきました。
なので、ちょぼちょぼと家では弾き始めています。
これだと調子のいいときに弾きたいものしか弾かないので、手に負担がなく。

けれどそうしているうちに、レッスンに行きたいという意欲がなくなってしまい、結局お休みしたまま教室は退会しました。
中途半端な終わり方で先生には申し訳ないことをしてしまいましたが、今やりたいことがレッスンを受けることではないような気がしたので、思い切って決断しました。

もともとレッスンお休みしていたので、独学っていってもこれまでと何も変わらないはずですが、何にも考えないでピアノに触れるようになり、気分的にはけっこう違います。

そして、手の調子が悪くなってもピアノをやめるという気がおきなかった自分にもちょっと驚いています。
私ってそんなにピアノが好きだったのでしょうか。
自分でも不思議です。




FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2018/12/11 15:35】 | ピアノ
|

楽しみ方はそれぞれ
jイズラー
定年後にピアノを始め超初心者です。
最初からレッスンを受けるつもりはなく、独学です。
3年目ですが、全く自由でいいでよ。その分、あまり進歩しないという問題がありますが(笑)。
ピアノに限らず趣味の楽しみ方は人それぞれです。


びこ
ピアノはもう、好きとか嫌いとかじゃなくて、生活の一部なのかもしれませんね~

私の場合、ピアノがほんとに楽しくなりだしたのってレッスン辞めてからでしたし、型にはまらず楽しめるのがいいとこだと思います

イズラーさん
こと
こんにちは。コメントありがとうございます。

大人から始める方には独学の方も多いですね。
子どもと違って譜読みが自分でできるところが大人の強みだと思います。
クラシックの知識もあり、好みの音楽なども確立していて迷いがなさそうです。

独学の良いところは、選曲が自分だけでできることがあると思います。
何を弾こうかな~と、それだけで楽しいですね。

楽しみ方は人それぞれ、本当にその通りだと思います。

びこさん
こと
こんにちは!

生活の一部ですか。
言われてみればそうかもしれません。

私の場合、家の中で自分ひとりの時間を楽しむ、というものになっているのかな。
特に曲を弾いていなくても、音を出しているだけでも別によくって。

独学なんてタイトルをつけてしまいましたが、私の場合、ただの遊び期間かもしれません。
でも遊びのピアノは楽しくて、なぜか弾く時間は増えますね。



モル作
独学コース突入ですかー。
私も一時期レッスンを受けた後に独学になりましたが、良い面も結構あると思いました。
私の場合はレッスンを受けてた時は、曲の読み取りが受け身というか人任せでした。

手の故障も少しずつでも良くなるよう願ってます。

モル作さん
こと
コメントありがとうございます。

タイトルに「独学へ」なんて書いてしまって、実は今タイトル変更しようかと思っていたところです。
ずっと独学ってことではなく、そのうちまた教室に通おうかなとは思っているので。
なんで、「しばし独学」って感じです。

曲の読み取りは、レッスンに行っていないとつい動画みてしまいます。
便利というか、情報が溢れすぎてそれも混乱のもとになり、そうするとよりどころはやはりレッスンなのか、とか悩みます。
モル作さんは迷いがなさそうで羨ましいです。

手のほうはですね、治るのに時間がかかると思ったら、「一度傷めてしまった腱の細胞が入れ替わるのを待つ」必要があるそうで。
確かにじわじわとしか治らないのですが、これでいいみたいです。
心配してくださり、ありがとうございます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
楽しみ方はそれぞれ
定年後にピアノを始め超初心者です。
最初からレッスンを受けるつもりはなく、独学です。
3年目ですが、全く自由でいいでよ。その分、あまり進歩しないという問題がありますが(笑)。
ピアノに限らず趣味の楽しみ方は人それぞれです。
2018/12/12(Wed) 06:38 | URL  | jイズラー #EsJ185Rs[ 編集]
ピアノはもう、好きとか嫌いとかじゃなくて、生活の一部なのかもしれませんね~

私の場合、ピアノがほんとに楽しくなりだしたのってレッスン辞めてからでしたし、型にはまらず楽しめるのがいいとこだと思います
2018/12/12(Wed) 10:13 | URL  | びこ #-[ 編集]
イズラーさん
こんにちは。コメントありがとうございます。

大人から始める方には独学の方も多いですね。
子どもと違って譜読みが自分でできるところが大人の強みだと思います。
クラシックの知識もあり、好みの音楽なども確立していて迷いがなさそうです。

独学の良いところは、選曲が自分だけでできることがあると思います。
何を弾こうかな~と、それだけで楽しいですね。

楽しみ方は人それぞれ、本当にその通りだと思います。
2018/12/12(Wed) 10:25 | URL  | こと #-[ 編集]
びこさん
こんにちは!

生活の一部ですか。
言われてみればそうかもしれません。

私の場合、家の中で自分ひとりの時間を楽しむ、というものになっているのかな。
特に曲を弾いていなくても、音を出しているだけでも別によくって。

独学なんてタイトルをつけてしまいましたが、私の場合、ただの遊び期間かもしれません。
でも遊びのピアノは楽しくて、なぜか弾く時間は増えますね。
2018/12/12(Wed) 11:01 | URL  | こと #-[ 編集]
独学コース突入ですかー。
私も一時期レッスンを受けた後に独学になりましたが、良い面も結構あると思いました。
私の場合はレッスンを受けてた時は、曲の読み取りが受け身というか人任せでした。

手の故障も少しずつでも良くなるよう願ってます。
2018/12/13(Thu) 23:37 | URL  | モル作 #-[ 編集]
モル作さん
コメントありがとうございます。

タイトルに「独学へ」なんて書いてしまって、実は今タイトル変更しようかと思っていたところです。
ずっと独学ってことではなく、そのうちまた教室に通おうかなとは思っているので。
なんで、「しばし独学」って感じです。

曲の読み取りは、レッスンに行っていないとつい動画みてしまいます。
便利というか、情報が溢れすぎてそれも混乱のもとになり、そうするとよりどころはやはりレッスンなのか、とか悩みます。
モル作さんは迷いがなさそうで羨ましいです。

手のほうはですね、治るのに時間がかかると思ったら、「一度傷めてしまった腱の細胞が入れ替わるのを待つ」必要があるそうで。
確かにじわじわとしか治らないのですが、これでいいみたいです。
心配してくださり、ありがとうございます。
2018/12/14(Fri) 00:20 | URL  | こと #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可