急遽譲られたチケットで、ピアノのリサイタルに行ってきました。

ピアノのリサイタル自体あまり行ったことがありませんが、浜離宮ホールも夜のリサイタルも初めて。
ちょっと緊張しながらのお出かけです。

リサイタルの内容はこちら

シプリアン・カツァリス ピアノリサイタル

チケットが2枚あって誰と行こうか迷ったのですが、平日の夜で急だったので、息子と行きました。
彼は普通の小学生男子なので普段クラシックなんて聴かないのですが、生のピアノはけっこう好きです。

曲目は、

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
フォーレ:パヴァーヌ、月の光
ドビュッシー:ベルガマスク組曲より第3曲「月の光」、ピアノのために 第1番「プレリュード」、

バレエ音楽「聖セバスチャンの殉教」より"ユリの庭"、アラベスク 第1番、レントより遅く
ビゼー:無言歌 ハ長調 第2番、歌劇「カルメン」
サン=サーンス:動物の謝肉祭、ほか

私や子どもでも知っている曲が多く、リサイタル初心者にも楽しめる内容でした。

第1部は、ピアノの音もまろやかで暖かく、繊細で美しい旋律にうっとり
第2部は、氏自身の編曲が聴き所なのかな?
同じピアノかと思うほど多彩な音の洪水で、最後まであっという間でした

満足して帰宅。
そして何故か眠りの浅い子どもと私が、朝まで2人とも爆睡だったのです。
何かリラグゼーション効果でもあったのでしょうか。
確かに包まれるような心地よさはありましたが。。。

ドレスアップした女性のお客さんが多かったですが、うちのように普段着の親子連れもちらちらと見かけました。
弾きながら客席に笑顔をくれるカツァリスさん。
不思議な魅力のあるピアノリサイタルでした。


FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2018/10/04 14:27】 | ピアノ
|
先週受診したときはかなり調子が悪そうだった海ちゃんですが、その後数日で鼻水やくしゃみが減り、お腹の調子も少しずつ良くなっているようです。

今日は暖かい(というか暑いよ!)ので、保温も止めて窓際で日光浴もしました。
久々に明るいケージの中で元気いっぱいにさえずり、おしゃべりもたくさんしてくれました。

白ちゃんのおしゃべりをまねて覚えたので、白ちゃんが話しているような気がします。
そのまま白ちゃんのおしゃべり、忘れないでほしいなあ。

黄色い鼻水がなくなり、鼻の頭もきれいな白に戻りました。
お腹が痛いのもなくなったようで、今日はお腹を蹴っていません。
あとは時々出るくしゃみだけ。早くなくなりますように。

体重はちょっと減っていて38gに。
自然とダイエットできてしまいました。
海ちゃんはおやつはよく食べるのですが、主食のシードは残していることもあります。

落ち着いたら、シードの見直しなんかもしていこうかな。
彼の好みにあうものが見つかるかも。



にほんブログ村


FC2blog テーマ:セキセイインコ大好き - ジャンル:ペット

【2018/10/01 15:56】 | セキセイインコ
|

ミーちゃん代理さん
こと
こんばんは。

お立ち台、覚えてて下さってありがとうございます。

あれ、けっこうちっちゃくてなかなか上で止まってくれないのです。
海ちゃんはビビリだから、見慣れぬものには乗らないし。

最近ケージを保温でカバーしちゃってたのですが、落ち着いてきたのでまた写真撮り始めますね。

ミーちゃんたちのかわいい姿に癒されて、私も元気が出てきました。
海ちゃんの調子が良くなったら、新しいお友だちも迎えたいと思っています。

がんばれがんばれ。
ミーちゃん代理
海ちゃんは大丈夫!
お兄ちゃんが見守ってるから。
ふたりのお立ち台の写真は見れなかったけど、
その分、元気になった海ちゃんの写真をこれからもたくさん見せてくださいね。

コメントを閉じる▲
白ちゃんがいなくなってからの数日、海ちゃんにもいろいろなことが起こり、めまぐるしく状況の変わる日が続きました。

まず予想していたことですが、呼び鳴き・食欲不振。
ダイエットをしなければならなかった海ちゃんの体重が42g→39gまで落ちました。

白ちゃんがカビで病院を受診したときには、海ちゃんも鼻水やそのうのねばつきで受診をしています。
その時カビはみつからなかったのですが、今後も鼻水に気をつけてねと言われていました。

その鼻水が一気に悪くなり、黄色い鼻水になって鼻の頭に色がつくほどになったので、再び病院へ行ってきました。

やはり、急激に鼻炎が悪化していますとのこと。
あんなに褒められてた便の色も悪くなって、お腹にもカビが出始めているそうです。

免疫力が落ちているのだろうなと思いました。
海ちゃんが一人にならないように気をつけて生活していますが、やはり寂しいんでしょうね。

鼻とお腹のお薬をもらって、2週間後にまた診てもらうことになりました。
お腹を蹴るほど痛がっているので、保温もしています。

昨日までは元気がありませんでしたが、今日は大きな声で鳴いたりケージから出たがるので、ひとまず回復方向に向かってくれたようです。
ごはんもいつもどおりに食べ始めて、体重は40gへと戻りました。
くしゃみ鼻水も減ってきているので、お薬も効いているようです。

このまま元気になってね。海ちゃん。



にほんブログ村


FC2blog テーマ:セキセイインコ大好き - ジャンル:ペット

【2018/09/28 12:05】 | セキセイインコ
|
今日、白ちゃんをお見送りしました。

火葬する前に、みんなで白ちゃんをたくさんなでてお別れしました。
いつも熱心に羽づくろいをして清潔にしていた白ちゃんの羽は、しっとりとしてビロード生地のような手触りでした。
何も食べられなくなってお腹を空っぽにしていた白ちゃんを、たくさんのごはんや粟穂で囲んでお花で飾りました。

いつもみんなに優しかった白ちゃん。
虹の橋の向こうでもお友だちがたくさんできると思います。

いつか、また会えますように。




FC2blog テーマ:セキセイインコ大好き - ジャンル:ペット

【2018/09/24 12:02】 | セキセイインコ
|

モル作さん
こと
本当に優しくてみんなを愛してくれるインコでした。
海ちゃんと♂2羽の生活だったので、虹の橋の向こうでお嫁さんをみつけてくれたらと思っています。
優しい言葉に感謝します。


モル作
お悔やみ申し上げます。

白ちゃん、ご家族に囲まれて眠られたんですね。
短い一生でしたが、愛らしい姿を見せてくれて感謝してます。
優しい顔をしてて、綺麗な仔ですね。
安らかに眠れているようお祈りしてます。

秋桜さん
こと
白へのお悔やみの言葉に感謝します。

私も秋桜さんと同じように、ずっと白ちゃんのことを忘れないでしょう。


白ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
秋桜
初めまして。秋桜と申します。

白ちゃん。天国へ旅立たれたの
ですね。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

どんなにお辛いか痛い程
お気持ちお察しいたします。

私は最愛の「メアリ-」が
10年前に天国へ旅立ちました。
今でも一日も「メアリ-」のことを
忘れますことはないです。

やぢまさん
こと
そうですね。体調を悪くさせてしまったことに飼い主としての責任を果たせなかったと思っていましたが、私なりに愛情はいっぱい注いできたつもりです。
白がそう思ってくれているといいな。

暖かい言葉をありがとうございます。

ワッチ~さん
こと
生き物と暮らすには、どうしても別れの時は来てしまいますが、なぜ今なのかと受け入れられない自分がいます。
ワッチ~さんにはそんな気持ちも分かってもらえるように思い、少し心が軽くなります。

ほんと、お空でみんなと仲よくなれますように。


やぢま
お別れはどんな時も悲しいものです。
でも白ちゃんはことさんに愛されていたことは
しっかり解っていると思います。
天国でも、ことさんのことを素敵な飼い主だと仲間に自慢していることでしょう。

どうかお力落としのありませんように。


ワッチ~
こんにちは

白ちゃん、きっと良くなってくれると思っていたのに。。
だけど白ちゃんはいっぱい頑張ったんだよね!
お疲れ様。。。

お空にはたくさんのお友だちがいるから寂しくないからね!
そして。。
うちの天使組と仲良くしてね!!

ことさん、今はまだ悲しみでいっぱいでしょうが、どうぞお気を落とさずに。。。
白ちゃんのご冥福を心よりお祈りしますm(__)m


コメントを閉じる▲
昨日夜遅く、白ちゃんは虹の橋をわたりました。

数日前突然食欲がなくなってから、ほとんど何も食べることができず、みるみる衰弱してそのまま逝ってしまいました。
何もしてあげられず、また突然のことに心の準備もなく、呆然としています。

白ちゃんははっきりとしたお誕生日がわからないのですが、まだ2歳を迎えていなかったと思います。
うちに来たときからとても体が弱く、後から来た海ちゃんと比べても体の華奢さや極端な寒がりが気になってはいましたが、それでも毎日元気に過ごしていて、こんなに早くお別れするとは思ってもなく、ただ残念でなりません。

私は子どもの頃から何度もインコを飼ってきて、中には本当に懐いた手乗りの子もいましたが、白ちゃんはその中でも特別な存在でした。
スキンシップはそれほどとらないのですが、いつも人の気持ちを読んでくれて、手に乗って欲しい時は乗ってくれる、話を聞いて欲しい時は耳を傾けてくれ、ケージに帰って欲しい時はもっと遊びたくても帰ってくれました。
インコと過ごしているというよりも、1人のひとと向き合っているような気持ちにさせてくれる、不思議なインコでした。

今月に入って最初の投薬治療から元気に復活してから、やたらと手に肩に乗ってきて離れず、甘えてくるようなそぶりがありました。
見た目には元気でも、何かしら不調があったのかもしれません。
ただかわいいとしか思わず、何も気付いてあげられませんでした。

急変してからの短い間はずっと付き添うことができて、最期を子どもと一緒に看取ってあげられたことがせめてもの救いです。

白ちゃんに会えて、私達家族はとても幸せでした。
もっと一緒にいたかったけど、短い間にもたくさんのものをみんなにくれた白ちゃん、ありがとう。
(コメント欄は閉じさせていただきます)



FC2blog テーマ:セキセイインコ大好き - ジャンル:ペット